菌を予防 | 外注や害獣の駆除を行う方法~専門業者に依頼~

菌を予防

薬を撒く様子

ハクビシン駆除で大切なポイント

最近では街の住宅にも、野生動物が住み着くケースが少なくないのです。自然が少なくなっているため、野生動物が餌とするものがなくなり、人間の住む街までやってくるのです。こういった野生動物の中でも、人間の生活にとって被害があるのがハクビシンです。ハクビシンは見た目は狸を小さくしたような生き物ですが、人間が生活していく上で、迷惑になる生き物なのです。ですからハクビシン駆除をする事になるのですが、ハクビシンのどういったところが、害になるのか紹介していきます。まずハクビシンはおとなしい生き物ではないのです。ですから餌を食べるときも、食べ散らかすように餌をばら撒くのです。そのため生活で出たゴミを外に出しておくと、ハクビシンがゴミ袋をやぶって中のゴミをばら撒いてしまうのです。

住宅に入り込まれないようにする事が大切

ハクビシンは多くの問題をもたらします。特に住宅では屋根裏に住み着く事が多く、ダニやノミなどが多く発生するのです。住み着いてしまったらハクビシン駆除が必要で、有効な手段としてはとにかくハクビシンが好むような食べ物を、与えない事になるのです。ハクビシンは糖分の入った甘いものを好んで食べる傾向があるため、ハクビシン駆除では住宅のまわりには食べ物になるようなものは撤去する事が重要です。またハクビシン駆除で有効な手段としては、住宅に入り込まれないように、屋根裏に柵をしてしまうのも良いのです。