駆除依頼方法 | 外注や害獣の駆除を行う方法~専門業者に依頼~

駆除依頼方法

調査をする様子

自分では行えないハクビシン駆除

ハクビシンとは、ジョコウネコの一種で、身長体重共にネコより一回り大きな動物となっています。人の居住している建物に住みかを作ることもあり、繁殖期には数匹の赤ちゃんを育てる事もあります。夜行性であることから、ねずみ同様天井や床下を走り回ることもあります。ハクビシン駆除を行う行為は、一般の方では行えません。追い出し程度なら可能なこともありますが、ハクビシン駆除で特徴的なのは、保健所や市役所へ確保するための申請を届けなければならないのです。被害状況や確保数などといった細かな情報を届けるには、ハクビシン駆除の専門業者へ依頼したほうが素早い対応となります。また、衛生面においても後処理が必ず必要であり、更には再度侵入を防ぐ処置も必要です。建物に住みついている場合では必ず出入口が存在しているので、専門業者による様々な取り組みによって改善できる問題となります。

専門業者を依頼する方法

地域によってはそのまま、行政機関によって行動してくれる事もありますし、専門業者を紹介してくれるケースもあります。専門業者を自分で探さなければならない場合には、現在インターネットやタウンページなどによって多くの情報公開がされている傾向にあるので、そちらも利用すると良いでしょう。しかし、注意点として、ハクビシン駆除にかかる費用はねずみ駆除よりも高額となることが一般的です。なぜならば先ほど述べたように申請代行や殺菌消毒、尿や糞の始末、侵入防止のためのリフォームなど数多くの専門的処置が必要であるからです。業者探しやサービス利用にあたっては、適切な費用とはどれくらいなのかしっかり把握したうえで依頼する事が望まれます。